『アレクシアス』中の皇帝の名に因んだ金貨名称について

 アンナ・コムニニの『アレクシアス』の中に引用されている二つの外交文書において、2回皇帝の名に因んだ金貨名称が登場する。

 一つ目はアレクシオス1世の西の皇帝ハインリヒ4世宛書簡で、ハインリッヒに贈られた貨幣の金額は「細工された銀イルガズメノス アルギロス、古い時期の純分の、ロマノス帝の像の刻まれた貨幣ロマナトンで支払われた」(『アレクシアス』第III巻10章4節)*1と書かれている。

 二つ目はボエモンとのディアボリス条約の中で、年金を「ミハイル帝の肖像貨幣ミハイラトゥハライ 」(同書、第XIII巻12章25節)*2で支払うことになっている。

 この前者がロマノス3世アルギュロスであるが*3、後者の「ミハイル(ミカエル)帝」について、日本語訳の註は以下のようになっている。

ミハイル帝の肖像貨幣はAlexias, Pars Alteraによれば、aurum effigie Michaelis Paphlagonis ornatum (ミハイル=パフラゴニオス帝の肖像の刻まれた金貨)。このミハイル4世(在位1034~41年)の金貨純度を保持していたが、コンスタンディノス9世モノマホス(在位1042~55年)の治世には金貨ノミスマの純度は18カラット(本来のノミスマは23ないし24カラットに下落した*4

この翻訳の底本Annae Comnenae Alexiasおよび校訂者の一人Dieter R. Reinschによるドイツ語訳の註はそのような解釈になっている*5。しかし、英語訳やフランス語訳の註ではミカエル7世としている*6

 デュ・カンジュによるこの語の注釈では、ミカエル7世の金貨を指している*7。それ以降通常はそのように解釈されてきたが、フィリップ・グリアソンは金貨の貶質の研究の元に、ミカエル7世の金貨は貶質しているので、「ミハイラトン」という言葉はそれ以前のミカエル4世の金貨を指すとした*8

 「ミハイラトン」という金貨名称については、セシル・モリソンの研究があり、『アレクシアス』のこの記述にも言及している*9。「ミハイラトン」という金貨名称がミカエル7世の肖像の金貨であることは認めていいだろう*10。グリアソンも後に、この見解を受け入れている*11。ただ"solidus michalati"の語が1038か1039年に表れている文書があり、これはミカエル4世のものだと思われる*12

 なぜボエモンへの年金支払いがミカエル7世の金貨で勘定されているかということについて、Sewter-Frankopan, Leibともに、アレクシオス1世初期の金貨よりもミカエル7世のそれの方が質が良かったからだとしている*13 。彼らも価値が高い金貨だから用いられたとする点では、初期のグリアソンと変わりはない。しかし、1092年以降、新金貨ヒュペルピュロンをはじめとした幣制改革が行われ、金貨の純度は向上していた。

 これに対しモリソンは、特に北シリアと南イタリアでミカエル7世位の一連の外交的・軍事的の結果として考えれば、「ミハイラトン」の大量の流通を大げさに考えることはないとしている*14異なった純度の貨幣間の交換比率がしっかりと定まっていれば、貨幣自体の純度はさほど問題にならなかったのかもしれない。

*1:アンナ・コムニニ著、相野洋三訳『アレクシアス』悠書館、2019年、118頁。

*2:前掲書、467頁。

*3:ただし、Sewter-Frankopanの註ではロマノス4世ディオゲネスとしている。Anna Komnene, tran. by E. R. A. Sewtor, rev. with introd. and notes by P. Frankopan, The Alexiad, London, 2009, p. 494, n. 39.

*4:前掲書、逆ノンブル251頁。

*5:Diether R. Reinsch & Athanasios Kambylis, eds., Annae Comnenae Alexias, Berlin, 2001, 2 vols., v. 2, p. 53; Anna Komnene, übersetzt von D. R. Reinsch, Alexias, 2. Aufl., Berlin, 2001, S. 471.

*6:Anna Komnene, translated by E.R.A. Sewter, revised by Peter Frankopan, The Alexiad, London, 2009, p. 525; Anne Comnèn, texte tradui et annoté par Bernard Leib, introduction par Peter Frankopan, Alexiade: règne de l'empereur Alexis Ier Comnène (1081-1118), Paris, 2019, p. 581.

*7:“Carlori du Fresne Ambiani, dom du Cange, Quæestris Franciæ, In Annæ Comnenæ Caesarissæ Alexiadem notae historicæ et philologicæ", in Ιωάννη Κιννάμου βασιλικού γραμματικού Ἱστοριῶν λόγοι ἕξ = Joannis Cinnami imperatorii grammatici Historiarum libri sex, seu de rebus gestis a Joanne et Manuele Comnenis Impp. CP., Parisiis, 1670, pp. 221-425, inter alia p. 401, later published as "Caroli Ducangii In Annae Comnenae Alexiadem: Notae historicae et philologicae", in Ludovicus Schopenus ed., Annnae Comnenae Alexiadis libri XV, v. 2, Bonn, 1878, pp. 415-703, inter alia p. 668.

*8:Ph. Grierson, "The Debasement of the Bezant in the Eleventh Century", Byzantinische Zeitschrift 47, 1954, pp. 379-394, esp. p. 391, n. 5.

*9:Cecile Morrisson, "Le michaèlaton et les noms de monnaies à la fin du XIe siècle", Travaux et mémoires (Centre de recherche d'histoire et civilisation Byzantines), 3, 1968, pp. 369-374, surtout p. 373.

*10:この結論どおりにミカエル7世の金貨を指すことでおおむねいいと思うのだが、細かいところで訂正が必要な点がある。ディアボリス条約では前掲の次の節に「今後先の皇帝プロヴェバシレフスであり主人キルたるミハイルの肖像を刻んだ二〇〇タランダを年金授与として帝国金庫から受け取ることになる」(『アレクシアス』、467頁)と言い直している。モリソンはこの"προβεβασιλευκότος < προβασιλεύω"という語が、直前の皇帝であることを意味すると解釈しているが (Morrisson, op. cit.)、『アレクシアス』の中でも、コンスタンティノス10世ドゥーカス、イサキオス1世コムネノス、ニケフォロス3世ボタネイアテス、ロマノス4世ディオゲネスの皇帝たちがこの語で形容されている (Reinsch & Kambylis, eds., v. 2, p.192. こちらでは第XIII巻12章26節の皇帝をミカエル4世ではなく、同7世としている)。そもそもアレクシオス1世の直前の皇帝はミカエル7世ではなくニケフォロス3世である。

*11:Philip Grierson, Catalogue of the Byzantine Coins in the Dumbarton Oaks Collection and in the Whittemore Collection, Volume 3. Leo III to Nicephorus III, 717–1081, Washington, D.C., 1973, pp. 60f.

*12:Codex diplomaticus cavensis, t. 6, Milano, p. 117; cf. Philip Grierson, Catalogue of the Byzantine Coins in the Dumbarton Oaks Collection and in the Whittemore Collection, Volume 3. Leo III to Nicephorus III, 717–1081, Washington, D.C., 1973, pp. 51 & 60.

*13:Anna Komnene, tran. by E. R. A. Sewter, rev. with introd. and notes by P. Frankopan, The Alexiad, London, 2009, p. 525, n. 31; Anne Comnène, texte etbli & trad. par B. Leib, Alexiade: règne de l'empereur Alexis I Comnène, 1081-1118, tom. 3, Paris, 1945, pp. 136f., n. 3.

*14:Cecile Morrisson, "Le michaèlaton et les noms de monnaies à la fin du XIe siècle", Travaux et mémoires (Centre de recherche d'histoire et civilisation Byzantines), 3, 1968, pp. 369-374, surtout p. 374.

シャーロック・ホームズ譚「三人の学生」と19世紀末英国の古典ギリシア語学習環境

 このツイートを読んで、シャーロック・ホームズ譚の一つ「三人の学生」"The Adventure of the Three Student"を思い出した。この話はある大学での奨学生試験のカンニング事件を扱ったものだが、そのギリシア語長文の翻訳問題が"half a chapter of Thucydides"であった*1岩波少年文庫『シャーロック・ホウムズ帰る』の「訳者あとがき」で、ホームズ譚には「ところどころつじつまの合わぬ点がでてきて、それについての議論がわくなど、微笑ましい話も数多くある」とし、この「三人の学生」を例に、長沼弘毅著『シャーロック・ホームズの大学』(実業之日本社、1976年)からの指摘を5点あげていて、その5番目が以下のものである。

 奨学金しょうがくきん試験しけんを受けるほどの学生が、「いままでいちども有名なツキジデスの文章を読んだことがない」といのもおかしい。その出典しゅってんがわかれば、危険きけんをおかしてうつしたりしなくとも、あとでゆっくり、自分の部屋へやなり図書館なりで原文をたしかめ、辞書片手じしょかたてに勉強できたはずである*2

 これを読んで、当時の英国の大学の古典ギリシア語学習環境はどんなものだったかということについて考えてみた。

 事件が起きたのは1895年である。辞書はLiddell & Scottの第7版(1883)が使える。また1889年にはAn intermediate Greek-English lexiconが出版されている*3。Intermediateぐらいは学生が個人的に所蔵しているものなのだろうか。

 トゥキュディデスの校訂版は、Scriptorum classicorum bibliotheca Oxoniensisの初版は1898年に刊行が始まるのでまだ利用できない*4。Teubnerを用いたのだろうか。

 問題は出典がどこかすぐに見極められるかどうかである。おそらく出典は問題用紙に明記されていなかっただろう。そして西洋古典学を専門にしていなければ、トゥキュディデスを原文で読むのもせいぜい有名な箇所ぐらいだろうからそれ以外の所が出題されたとしたら、ざっと読んだだけではトゥキュディデスであることもすぐにはわからないだろう。とりあえず書き写すというのも理解できるのではないか。

そこには、だれの肖像と銘があるか:11世紀ビザンツの金貨の品位低下と皇帝肖像に因む金貨名称

「デナリオン銀貨を見せなさい。そこには、だれの肖像と銘があるか。」彼らが「皇帝のものです」と言うと、 イエスは言われた。「それならば、皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。」
(ルカによる福音書(新共同訳)/ 20章 24-25節)*1

 比佐篤『貨幣が語るローマ帝国史 権力と図像の千年』(中公新書、2018年9月)の「はじめに」に以下のような文章がある。

 現在の日本のお金にも、紙幣には著名人の肖像が描かれている。たとえば福沢諭吉が描かれている現在の一万円札は、しばしば「諭吉さん」などと比喩的に呼ばれる。これに対してローマの貨幣が「アウグストゥスさん」と呼ばれたという記録は、残念ながら残っていない。もしそのように呼ばれていたとするならば、第二代皇帝が新たに即位したときには、その名前から「ティベリウスさん」とでも呼ばれ方が変わったのかもしれない。*2

  しかし、11世紀ビザンツの金貨には描かれている肖像によって独自の名前で呼ばれていて、それには重要な意味があった。

 11世紀中ビザンツ金貨(ノミスマ・ヒスタメノン)の金の含有量はミカエル4世(在位1034-1041)の治世まで90%であったが、その後加速的に純度が下がっていく。コンスタンティノス9世モノマコス(在位1041-1055)からロマノス4世デイオゲネス(在位1068-1071)の治世間に87%から70%、ミカエル7世ドゥカス(在位1071‐1078)からアレクシオス1世コムネノス(在位1081-1118)による幣制改革以前の1092年までの間に35.8%から10.6%まで下落した*3。そのため取引上、どの皇帝の肖像が入った金貨であるか区別する必要があった。11世紀の地方貴族ケカウメノスの以下の文章はそのことを物語る。

「私はこれこれの金を商売のために用意していました。けれどもこの極印の貨幣ではなく、これこれの(汝がそれをもっていることをこの男は知っているのだ)極印の貨幣が欲しいと相手はいっています。あなたがをそれをお持ちなのを―と彼は続ける―聞きました。私にご好意をお持ちなら、私がこの取引をしそこなうことがないよう、お貸し下さい。私は大いに儲けるつもりです。明日あるいは一週間のうちに、あなたはご自分のお金をたくさんの贈物がついて取り戻すでしょう。」
(ケカウメノス『ストラテギコン』(井上浩一訳) 、第43章*4
「あんな悪質の金貨のために私に文句をつけるなんて恥しく〔ママ〕はないのですか。私を信じなさい。あなたがこんな人と知っていたら、あなたからお金を借りるのではなかった。実際私は―彼は続ける―私の商品を売ったのではないのですぞ。」
(同上*5

 これらの金貨の区別をつけるために、主に金貨に刻まれた皇帝の肖像に因んで名称がつけられた。例えば、グルジア系貴族グレゴリオス・パクリアノスの修道院設立文書において、自らの兄弟に管理を託した財産を以下の複数の金貨で表している、"ῥωμανᾶτον, τραχὺ μονομαχᾶτον, δουκᾶτων τε καὶ σκηπρτρᾶτον, πρὸς δὲ καὶ μιχαηλᾶτον"*6。この内「ロマナトン」(ῥωμανᾶτον)、「モノマカトン」(μονομαχᾶτον)、「ドゥカトン」(δουκᾶτων)、「カエラトン」(μιχαηλᾶτον)は、それぞれロマノス3世アルギュロス(在位1028-1034)、コンスタンティノス9世モノマコス(在位1042-1055)、コンスタンティノス10世ドゥカス(在位1059-1067)、ミカエル7世ドゥカスの肖像が入った金貨の名称である。

 これらの名称は金貨の価値の差異を示すものであるから当然交換レートもある。南イタリアのバーリに残る1089年付のある文書には40 romananti(ロマナトン)が120 michalati(ミカエラトン)と等価であると記述されているという*7

 こうした皇帝の肖像による金貨の名称は上記のようなギリシア語やラテン語だけでなく、グルジア語にもみられる、dukati, hromanti, dukad-mikhaylati, votaniati (あるいはbotaniati)はそれぞれ、コンスタンティノス10世、ロマノス4世ディオゲネス(在位1068-1071)、ミカエル7世、ニケフォロス3世ボタネイアテス(在位1078-1081)にあたるという*8

 11世紀のビザンツの金貨名称についてより詳しく知るためには以下の文献が有用である。

Philip Grierson, Catalogue of the Byzantine Coins in the Dumbarton Oaks Collection and in the Whittemore Collection, Volume 3. Leo III to Nicephorus III, 717–1081, Washington, D.C., 1973, esp. pp. 44-62.

*1:一般法人日本聖書協会ホームページ、聖書本文検索より

*2:比佐篤『貨幣が語るローマ帝国史 権力と図像の千年』(中公新書)、中央公論新社、2018年、ii頁

*3:Cécile Morrisson, "Byzantine Money: Its Production and Circulation", in Angeliki E. Laiou, et al. eds., The Economic History of Byzantium: From the Seventh through the Fifteenth Century, Washington, D.C., 2002, v. 3, pp. 909-972, esp., pp. 930-932.

*4:井上浩一「≪史料紹介≫ケカウメノス『ストラテギコン』」(中)『人文研究』<大阪市立大学文学部>第40巻第10分冊、1988年、67頁

*5:前掲書、68頁

*6:Paul Gautier, "Le typikon du sébaste Grégoire Pakourianos", Revue des études byzantines, t. 42, 1984, pp. 5-145, surtout p. 41; cf. Nicolas G. Svoronos, "Recherches sur le cadastre byzantin et la fiscalité aux XIe et XIIe siècles : le cadastre de Thèbes", Bulletin de Correspondance Hellénique, 83-1, 1959, pp. 1-145, surtout p. 99.

*7:C. Morrisson, "Le michaèlaton et les noms de monnaies à la fin du XIe siècle", Travaux et mémoires (Centre de recherche d'histoire et civilisation Byzantines), 3, 1968, pp. 369-374, surtout p. 371.

*8:Robert P. Blake, “Some Byzantine Accounting Practices Illustrated from Georgian Sources”, Harvard Studies in Classical Philology, v. 51, 1940, pp. 11-33, esp. 25-26.

「ウォーターローの海戦」?

 先日、平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』(創元推理文庫)を読んだ。

 登場人物の一人ジョナサン・ハーカーが「弁理士」とされていたが、やっている仕事は「事務弁護士」のそれだよなと思っていたら、案の定原語は"solicitor"だった。

 またジョナサンの婚約者で後に彼の妻となるミナの日記の中のイングランドの北海に面する港町Whitbyの老人について以下の記述がある。

自分じゃかれこれ百歳だと言っているが、ウォーターローの海戦には、グリーンランドの水軍に加わった一人だそうだ。*1

 ウォータールーの戦い(「ウォータールー」でも「ワーテルロー」でもなく「ウォーターロー」という表記されているが)は会戦であっても海戦ではないし、グリーンランドデンマーク領で、デンマークナポレオン戦争でフランス側について敗戦国になっている。イギリス人が参加する「水軍」があったとは思えない(「百日天下」中の対仏同名にも加わってないようだ)。原文を確認すると以下の通りだった。

He tells me that he is nearly a hundred, and that he was a sailor in the Greenland fishing fleet when Waterloo was fought.*2

 (私訳: 彼は私に、自分はほぼ百歳で、ウォータールーの戦いが行われていた頃にはグリーンランド沖への漁船団で水夫をしていたと言った。)

  "fishing fleet"を"fighting fleet"と見間違えたことから発生した誤訳のようである。

*1:ブラム・ストーカ著、平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』(創元推理文庫)、東京創元社、1971年4月初版、2011年11月45版、105頁。

*2:Bram Stoker, Dracula (New York : Grosset & Dunlap, c1897), p. 60.

冗談について西洋古典より三つの引用

アリストテレス『弁論術』2巻第4章1381a30-40(戸塚七郎訳、岩波文庫、1992年、180頁)

 また、上手に冗談を飛ばすことも、冗談をうまく受け止めることもできる人々も、友人である。なぜなら、これらの人々は、相手がからかうのを笑って聞き流すこともできるし、即妙に切り返しもするので、いずれも、共に楽しむという、隣人と同じ目標にひた進むことになるからである。

タキトゥス年代記』第15巻68節(国原吉之助訳、岩波文庫、下、1981年、295頁)

 それはさておき、ネロがウェスティヌスを恨むようになったいきさつは、遠く二人の親密な交際に根ざしている。つまり、その間にウェスティヌスは、元首の小胆を底まで見抜いて軽蔑するようになる。ネロのほうは、たびたび刺のある冗談でもって翻弄されているうち、友の過激な気性を恐れるようになった。じっさい冗談が、申し分なく真実を根拠としているとき、あとあとまで苦い思いを残すものである。

マキァヴェッリ『ディスコルシ』(永井三明訳『マキァヴェッリ全集』2巻、筑摩書房、1999年、263頁)
(「いにしえの人の言葉」は前掲と同じはずだが意味がほぼ逆になっている。)

 すでに説明したように、ローマ人は、他人をこきおろしたり、人の恥をあざけるようなことは、きわめて有害なことと考えていた。なぜなら、本心からの場合はもちろん、たとえ冗談で言うときでも、これほど人の心を傷つけ、怒りに燃え狂わせるものはないからである。だからこそ、いにしえの人の言葉にあるとおり、「実際、むきだしの冗談というものは、それが真実からかけ離れてしまっているときには、それ自身とげとげしい後味を残す」ものなのである。

 相手が上手く切り返せない「冗談」は将来に禍根を残すことになる。

北村薫『朝霧』を文庫版で読み直す

*このブログ記事は北村薫「朝霧」の内容の一部を引用しています。また読者として当該作既読の方を対象にしていますので、内容について詳しく述べてはいません。

 北村薫『朝霧』を読み返そうと思った。単行本(東京創元社、1998年4月)で持っているのだが、携行して読む便のために図書館で創元推理文庫版(2004年4月)を借りた。
 表題作「朝霧」を読んでいて、以下の箇所ではっと胸を突かれた。

 帰り道、神田の本屋さんに寄って、『万葉集』の、この歌の番号を調べた。五九九番である。
 家に帰って、本棚から祖父の持っていたであろう『万葉集』を探した。学生時代のものは岩波文庫かもしれない。そちらは分からなかったが、古い『折口信夫全集』があった。背表紙のすでに黄色く変色した本である。祖父のものだ。第四巻が『口譯萬葉集(上)』。円紫さんのいう通り、《鈴ちゃん》が使ったものとは、微妙に形が違う。歌は、開かれた本の中央に、ちょうど右ページの最後と左ページの最初に、裂かれるように二行に書かれていた。
 私はそれをじっと見つめた。

  朝霧のおほに相見し人故に、
  命死ぬべく恋ひ渡るかも

                                           (文庫版244-245頁)


 単行本を確認した。ここではこの歌は「裂かれ」ていなかった(208-209頁)。
 文庫版での組版が意図的なものか、それとも偶然なのかはわからない。ただ、この文庫版を読んで「私」を追体験できたような気持になった。

グラウコンとマキァベッリ

 ジョナサン・ハイト(高橋洋訳)『社会はなぜ左と右にわかれるのか : 対立を超えるための道徳心理学』(紀伊國屋書店、2014年)を読んだ。この本の中で「グラウコン主義」という用語が繰り返し用いられている。これはプラトンの『国家』第2章(357A-369B)で、その登場人物であるグラウコン(とアデイマントス、両者ともプラトンの兄)がソクラテスに提起した問題*1に基づいている。簡単に言うと「捕まった場合のこと(とりわけ自分の評判が傷つくこと)を恐れるがゆえに、人は有徳になるにすぎない」(ハイト前掲書、130頁)という意味で、「自分の評判に傷がつく可能性がなければ、人はひどい態度をとることが多いという、私の見解と一致する考えをはっきりと述べているので、彼【グラウコン―引用者】を代弁者として起用した」(同書、549頁註3)とのことだ。
 ハイトは別の個所でこう述べている。

本書を通じて「グラウコン主義」の代わりに「マキャベリ主義」という用語を使うこともできた。ただ「マキャベリ主義」と言うと、暗い側面が誇張され、トリックを駆使しながら人民を支配する統治者のイメージを喚起する。道徳的な生き方とは、権力や支配より、協力や協調に関わるものだと私は考える。道徳的な思考における不誠実や偽善は、他人をして、自分に好意を抱かせ、協力させることを目的とする。よってグラウコン主義という言葉を用いた。
(同書、584-583頁[逆ノンブル、14-15頁]註10)

 ハイトの念頭にあったのは『君主論』18章「君主たるもの、どう信義を守るべきか」の以下の記述だろうか。

 要するに、君主は前述のよい気質を、何から何まで現実にそなえている必要はない。しかし、そなえているように見せることが大切である。いや大胆にこう言ってしまおう。こうしたりっぱな気質をそなえていて、後生大事に守っていくというのは有害だ。そなえているように思わせること、それが有益なのだ、と。
(池田廉訳「君主論」『マキァヴェッリ全集』1、筑摩書房、1998年、59頁)

 それはそれとして、通俗的な「マキャベリ主義」イメージが「トリックを駆使しながら人民を支配する統治者のイメージを喚起する」ということの一例ではあるだろう。

*1:藤沢令夫訳『国家』、岩波文庫、1979年、上102-131頁。この問題についてはさしあたり以下の文献を参照。中澤務「グラウコンとアデイマントスの問い : 『国家』第II巻における"Why be moral?"の問題」『関西大学哲学』26号、2008年、203-222頁(http://hdl.handle.net/10112/984)。